横田基地に新ゲート

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新ゲートの工事現場(瑞穂町で)
新ゲートの工事現場(瑞穂町で)

瑞穂側、災害時使用を想定

 米軍横田基地(福生市など)の瑞穂町側に、災害時の使用を想定した新しいゲートが造られる。同町が8年前から要請していたもので、同町は「住民の安全に役立つ」と歓迎している。

 同町秘書広報課などによると、今月13日に防衛省北関東防衛局を通じて、同基地から工事開始の連絡があった。新しいゲートは同町武蔵に面した基地北東の一角で、完成すれば、災害時の傷病者搬送や物資運搬の際、緊急車両などが基地内を通過して、同町と基地西側の地域とを行き来できるようになる。

 現在、同基地には、西側に福生市や羽村市、東側には武蔵村山市などに面したゲートがあるが、同町秘書広報課などによると、同町内にはない。基地西側を南北に走る国道16号が寸断された場合、災害拠点病院の公立福生病院など、大きな病院のある基地西側と行き来をしたり、町内へ支援物資を運んだりすることが困難になることが予想される。このため同町は2011年からゲート設置を要請していた。

 横田基地広報部は「安全管理上の理由から、詳細は公表できない。完成時期は調整中」としているが、現場では基礎工事が始まっている。同町秘書広報課によると、危険な車両の突入などを防ぐためのポールを設置する工事も行われているという。

 同課は「ようやく要請が受け入れられ、住民の安全のために非常に喜ばしい。今後、町道側の工事や具体的な使用について協議を進めたい」としている。

無断転載禁止
977481 0 ニュース 2019/12/30 05:00:00 2019/12/30 05:00:00 2019/12/30 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191229-OYTNI50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ