興奮 府中に再び トップリーグ開幕 観戦イベント

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

応援旗を振って声援を送る市民ら(12日、府中市で)
応援旗を振って声援を送る市民ら(12日、府中市で)

 

 ラグビー・トップリーグが開幕した12日、大型画面で試合を合同観戦するイベントが府中市で行われた。ともに同市に本拠を置く東芝ブレイブルーパスとサントリーサンゴリアスが対戦した「府中ダービー」も上映され、けやき並木通りに用意された約150席はほぼ埋まり、立ち見も出る盛況だった。

 秩父宮ラグビー場で行われた府中ダービーには、昨年のワールドカップ日本代表で活躍したリーチマイケル選手(東芝)や松島幸太朗選手(サントリー)らが出場。試合は東芝が26―19で勝利し、イベントに集まった市民らは、東芝の応援旗を振ったり、サントリーのタオルを掲げたりして声援を送っていた。

 同市の会社員(40)は「見応えのある試合でした。両チームには今年のトップリーグを引っ張ってほしい」と話していた。

無断転載禁止
997403 0 ニュース 2020/01/13 05:00:00 2020/01/13 05:00:00 2020/01/13 05:00:00 東芝の得点で、旗を振って声援を送るファンら(府中市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200112-OYTNI50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ