電子確定申告「誰でも」 日ハム・栗山監督が模擬体験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

税務署職員(左)の説明を受けながら、タブレット端末で「e―Tax」を体験する栗山監督(19日、東村山市で)
税務署職員(左)の説明を受けながら、タブレット端末で「e―Tax」を体験する栗山監督(19日、東村山市で)

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督(58)が19日、東村山税務署(東村山市)で、タブレット端末を使った電子申告・納税システム「e―Tax(イータックス)」を模擬体験した。

 2019年分の確定申告(2月17日~3月16日)を前に行われたPRイベント。同税務署管内の小平市出身の栗山監督は職員の説明を受けながら、タブレットの画面に数字などを打ち込んで、確定申告書を作成した。栗山監督は「画面の案内がわかりやすく、これなら誰でもできると実感した。しっかり勉強して、自分で申告できるようにしたい」と話した。

 19年分の確定申告では、副業などの雑所得がある人や、2か所以上から収入がある人も、イータックスを使ってスマートフォンやタブレットで確定申告書を作成し、申告できる。

無断転載禁止
1008247 0 ニュース 2020/01/20 05:00:00 2020/01/20 05:00:00 2020/01/20 05:00:00 税務署職員(左)の説明を受けながら、タブレット端末で「e―Tax」を体験する栗山監督(19日午前10時39分、東村山市で)=松本勲撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200119-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ