ワサビ田復旧1億2000万円 奥多摩町予算案に計上

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奥多摩町は、昨年10月の台風19号の復旧費約3億6000万円を盛り込んだ新年度当初予算案をまとめた。3月6日開会予定の町議会定例会で提案する。

 このうち1億2168万円はワサビ田の再建にあてる。ワサビ田の被害は林道の寸断で未調査の区域もあるため全容はまだ不明だが、現在までに145か所で約23億6000万円の被害を見込んでいる。

 町などによると、高齢化と後継者不足に悩むワサビ生産者の中には、台風被害を受けたワサビ田の再建を諦める意向の人もいるが、町は特産品としての価値を重視。数年かけてワサビ田の全面的な復旧に取り組むという。

 当初予算成立後は復旧の進展に合わせ、補正予算での対応も検討する。復旧費用には、激甚災害指定に伴う国や都の補助金も充てられる。

無断転載禁止
1064058 0 ニュース 2020/02/21 05:00:00 2020/02/21 05:00:00 2020/02/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ