緑豊かな多摩市360度発信 ストリートビューに投稿

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

撮影した画面を紹介する渡部さん(左)と高野さん(多摩市で)
撮影した画面を紹介する渡部さん(左)と高野さん(多摩市で)

「若者会議」遊歩道など撮影

 多摩市の魅力を発信する「多摩市若者会議」の有志が、緑豊かな市内を知ってもらおうと、全国有数の長さとされる市内約41キロの遊歩道や公園内の道などを、米検索大手・グーグル社の地図・画像表示サービス「ストリートビュー」用に撮影した。順次、公開が進んでいる。

 ストリートビューはインターネットで道路沿いなど街の画像を閲覧できるサービスで、個人でも投稿可能だ。公開された画像では、鶴牧東公園で小高い丘を上ると、多摩ニュータウンの集合住宅などの街並みが一望でき、平久保びりくぼ公園では、都天然記念物のシイの巨木を真下から眺められる。

 多摩市若者会議は、市の呼びかけで集まった主に39歳以下の人のグループ。市外在住者の参加も多く、2017年度から年5~6回、ワークショップ(研究集会)で知恵を出し合い、活動してきた。昨年はクラウドファンディングで200万円以上を集め、まちづくり拠点「未知カフェ」を同市関戸に開設。店長を交代しながら週末などに営業するとともに、サッカーJ2・東京ヴェルディの応援イベントや、小学生を対象としたプログラミング教室などを開催してきた。

 ストリートビューの撮影も、ワークショップから出たアイデア。多摩市は市民1人当たりの市立公園面積(約13・5平方メートル)が多摩地域26市で最も広く、ストリートビューは車道からの撮影がほとんどであるため、「遊歩道や公園内も見られるようにすれば、市の良さが伝わる」と発案された。

 撮影は昨年9月から12月にかけて行われ、約10人が参加。15のカメラで360度撮影できる重さ約20キロの装置を背負って、遊歩道や公園をくまなく歩いた。カメラに水滴が付くなどしたために何度か歩いた道もあり、総歩行距離は約100キロにもなったという。

 実行委員の会社員渡部勇人さん(35)(さいたま市)は「生まれ育った多摩市を世界に発信したい。今後もいかに知ってもらうか継続して考えたい」と話している。

 若者会議はこれまで、多摩市の事業の一環として行われてきたが、有志が近く合同会社を設立し、地域活性化の活動を続ける予定もある。代表社員となる高野義裕さん(39)(八王子市)は「カフェなどで資金を調達しながら、今までと同じように意見を出しあっていきたい」と意欲を語る。

無断転載・複製を禁じます
1114043 0 ニュース 2020/03/18 05:00:00 2020/03/18 05:00:00 2020/03/18 05:00:00 撮影された画面を紹介する渡部さん(左)と高野さん(右)(3月8日、多摩市の未知カフェで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200317-OYTNI50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ