春はクリスマスローズ 昭和記念公園で見頃

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

栽培方法などを説明する野々口さん(左から2人目)(22日午前、国営昭和記念公園で)
栽培方法などを説明する野々口さん(左から2人目)(22日午前、国営昭和記念公園で)
見頃を迎えたクリスマスローズ(22日午前、国営昭和記念公園で)
見頃を迎えたクリスマスローズ(22日午前、国営昭和記念公園で)

 彩り豊かなクリスマスローズのガイドツアーが22日、国営昭和記念公園(立川、昭島市)で開かれた。園内では62品種9000株が見頃を迎えており、4月上旬まで楽しめる。

 クリスマスローズはキンポウゲ科の多年草で、うつむき加減に咲く様子がけなげと人気を集めている。ピンクや白のがくが花びらのようにみえる。イギリスでクリスマスの時期に咲くことから、その名が付いた。

 この日は、園芸研究家の野々口ののくち稔さん(63)が植え付けの方法や水やりの加減を解説。参加者約15人が熱心に耳を傾けた。

 小平市の無職、二宮征子さん(75)は「手入れの方法を学ぶことができた」と話した。

 同園は3月20~29日を「クリスマスローズウィーク」としていたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、23日以降のイベントを全て中止にした。

無断転載禁止
1122066 0 ニュース 2020/03/23 05:00:00 2020/03/23 05:00:00 2020/03/23 05:00:00 園内の品種を紹介する野々口さん(左から2人目)(3月22日午前11時11分、昭和記念公園で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200322-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ