市民撮影!町田の生きもの

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アプリ投稿757件 アルバムに

 町田市は、市民参加型の生きもの調査の結果をまとめた冊子「みんなでつくる!まちだ生きものアルバム」を作成した。

 この調査は、昨年4月にスタート。市民が道路の亀裂などを通報できるアプリ「まちピカ町田くん」を利用し、生きもの写真も投稿できるようにした。対象は市内の野生の生物や植物で、昨年12月までに哺乳類や鳥から虫、野草まで、不鮮明なものを除き、757件の写真が寄せられたという。

 調査では、市の鳥・カワセミの写真は幅広い地域から届き、日本在来のカントウタンポポと外来のセイヨウタンポポの交雑種・アイノコセイヨウタンポポが増えていることも分かった。また、全国的に生息数が著しく減少しているカヤネズミの巣も見つかった。

 A4判、66ページの冊子には、これらの写真をすべて掲載。300部を発行し、4月1日から市庁舎7階の市環境・自然共生課の窓口や市内の公園管理事務所で閲覧できる。市内の小中学校や図書館にも配布し、市のホームページでも公開する。同課は「いろいろな生きものが町田にいることを感じ、自然に興味を持ってもらえれば」としている。問い合わせは、同課(042・724・4391)へ。

無断転載禁止
1134318 0 ニュース 2020/03/29 05:00:00 2020/03/29 05:00:00 2020/03/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ