古希お祝い 笑顔で…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

古希のお祝いで芋焼酎を贈られた志村けんさん。右は知之さんの長男、憲之さん(遺族提供)(2月25日、都内で)
古希のお祝いで芋焼酎を贈られた志村けんさん。右は知之さんの長男、憲之さん(遺族提供)(2月25日、都内で)

 

志村さん遺骨 親族、悲しみ新たに

 東村山市出身のコメディアン、志村けんさん(70)の遺骨が31日、兄の知之さん(73)方に引き取られた。知之さんら親族は志村さんが70歳の誕生日を迎えた後、都内で志村さんの古希のお祝いをしており、知之さんが生前の志村さんと会ったのはそれが最後。遺骨になってからの対面に、知之さんらは悲しみを新たにしていた。

 知之さんによると、志村さんの古希のお祝いは2月25日、都内の志村さん行きつけのすし店で開かれた。親族ら約10人が集まり、知之さんの長男、憲之さん(44)が用意した紫のちゃんちゃんこと「古稀こき 志村けん様」と書かれた芋焼酎のボトルを贈られ、志村さんはうれしそうだった。来年70歳になる知之さんの妻サヨ子さん(69)には「次はお前の番だからな。このちゃんちゃんこ回すぜ」と笑顔で話しかけていたという。昨年末には、映画やドラマの仕事について志村さんが「頑張るわ」と話していたとも、知之さんは振り返った。

 知之さんはこの日、遺骨を手に自宅前で報道陣の取材に応じ、「無事に帰ってきました。皆さんありがとうございました」と話した。

無断転載禁止
1141091 0 ニュース 2020/04/01 05:00:00 2020/04/01 05:00:00 2020/04/01 05:00:00 古希のお祝いで芋焼酎を贈られる志村けんさん。右はおいの憲之さん(遺族提供)(2月25日、麻布十番で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200331-OYTNI50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ