読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

検査所医師会共同設置へ 府中など4市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

多摩総合医療センターに

 府中、国立、国分寺、小金井の各市の医師会が共同で、来週にも新型コロナウイルスのPCR検査所を、府中市の都立多摩総合医療センター敷地内に設置する。ドライブスルー方式と検査用車両内で実施する2方式で、1日最大30人以上の検査が可能という。

 共同設置を呼びかけた府中市医師会によると、検査を受けられるのは、かかりつけ医などにPCR検査が必要と判断された場合で、完全予約制。検査は平日の午後に2時間実施するほか、水、木曜日は午前中も2時間行う。

 同医療センターの駐車場に、車に乗った状態で入れるエアテントと、中で検査を受けるための車両を用意。それぞれ医師が綿棒を使って鼻の穴から検体を採取する。

 1~2日後に民間の検査機関で結果が判明し、府中市医師会を通してかかりつけ医から結果が連絡される。陽性だった場合、同時に保健所に報告される。

 医師は各医師会から輪番制で派遣され、府中市医師会では70人以上が参加の意思を示しているという。当面、期限は設けずに開設し、事業費には都の助成のほか、むさし府中商工会議所から300万円の寄付を受ける。

 府中市内は11日現在、多摩地域で最も多い67人の感染が確認されている。同市医師会の桜井誠会長は「ベストを尽くし、確実に検査をやっていく」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1216783 0 ニュース 2020/05/13 05:00:00 2020/05/13 05:00:00 2020/05/13 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)