障害児へネット教材紹介 津田塾大グループ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

学習支援サイト「学びの危機(まなキキ)」のトップページの画像
学習支援サイト「学びの危機(まなキキ)」のトップページの画像

字幕有無など情報明示

 新型コロナウイルス感染拡大による休校を受け、聴覚や視覚などの障害や発達障害がある児童生徒の家庭学習を支援しようと、津田塾大学(小平市)の柴田邦臣准教授らのグループが、オンライン教材を紹介するインターネットのサイト「学びの危機(まなキキ)」を開設した。

 柴田准教授は今年4月、民間の教育事業者などがネット上で無料提供している各教科(国語、英語、算数・数学、理科、社会)の教材について、同大の学生ボランティアら約10人とともに調査を実施。今回、サイトで紹介している約150のオンライン教材を選んだ。

 紹介している教材は、対象を障害児に限定したものではないが、動画字幕や音声読み上げ機能の有無など、障害児が利用する際に役立つ情報を明示。手話動画で小論文の書き方を学ぶことができるものや、英語を発音する口元を映した動画に字幕での解説を加えたものなどを取り上げている。

 学生が自らの経験を踏まえながら勉強の仕方を具体的にアドバイスする記事「学びのナビゲーター」も教科ごとに掲載している。

 紹介する教材は今後も増やしていく予定で、ボランティアとして参加している同大大学院博士課程2年の貝原千馨枝ちかえさん(27)は「障害のある子どもたちに、学ぶ楽しさを感じてもらえるサイトにしたい」と話した。

 柴田准教授は「障害児向けに作られたオンライン教材はほとんどない。ぜひ利用してほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは、同大インクルーシブ教育支援室のメール(inclusive_events@tsuda.ac.jp)へ。

無断転載禁止
1218879 0 ニュース 2020/05/14 05:00:00 2020/05/14 05:00:00 2020/05/14 05:00:00 学習支援サイト「学びの危機(まなキキ)のトップページ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200513-OYTNI50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ