読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「0円空き家」譲渡仲介

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

0円空き家バンクに登録された奥多摩湖沿いの物件(奥多摩町で)
0円空き家バンクに登録された奥多摩湖沿いの物件(奥多摩町で)

奥多摩町がバンク制度

 奥多摩町は今年度から、ただでも手放したい空き家を登録する「0円空き家バンク」制度をスタートさせた。これまでに3軒の登録があり、6月末から町ホームページで紹介している。

 この制度は、空き家を無料でも譲りたい人と、古くて不便な家や土地でも欲しいという人を、ネットを利用して仲介する仕組み。放置家屋を減らすとともに、別荘として使う人などを町に呼び込む狙いがある。

 人口減と高齢化に悩む町はこれまでも、宅地を開発して手頃な価格で分譲したり、22年間定住すれば無償で譲渡する月額使用料5万円ほどの「子育て応援住宅」を新築したりして、移住・定住を図ってきた。賃貸や売却を仲介する「空き家バンク」や、45歳以下の夫婦などに特化した「若者用空き家バンク」なども設け、町内に約480軒ある空き家の利活用も促してきた。

 だが、空き家の中には、古すぎて賃貸や売却に適さなかったり、便が悪くて移住希望者に勧められない物件もあった。所有者の転居などで放置されたままの空き家もあり、防犯や防災面から解消が求められている。

 一方で、無償でも処分したい意向を持つ所有者が少なくないことが、所有者への調査を通じてわかってきたという。そこで町は、空き家を手放したい所有者と譲り受け希望者をつなぐ「0円空き家バンク」を新設した。

 同バンクの仕組みは、所有者が空き家の場所や土地と建物の面積、間取り、利用状況などを記した登録カードを提出。町はカードを基に、ホームページで概要と物件の地図、写真を公開し、連絡先などの登録を済ませた譲り受け希望者との連絡調整を行う。譲渡契約などには関与しない。

 所有者の登録は、30年空き家だった奥多摩湖沿いの木造住宅や、放置年数不明の山道沿いの物件など、これまでに3件。譲り受け希望者は10人余が登録している。

 町若者定住推進課の担当者は、「別荘やアトリエ、倉庫などの用途もあり、取り壊してログハウスを造ることも考えられる。町外の人が町に来るきっかけになってほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1334582 0 ニュース 2020/07/11 05:00:00 2020/07/11 05:00:00 2020/07/11 05:00:00 0円空き家バンクに登録された奥多摩湖沿いの物件(政治家のポスターが判別できない大きさで使ってください) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200710-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)