読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

富士山見て希望感じて

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

富士山の様々な表情をとらえた作品が並んでいる(7日、町田市で)
富士山の様々な表情をとらえた作品が並んでいる(7日、町田市で)

町田で写真展17日まで

 20年以上にわたって富士山を撮り続けている写真家の山本耕作さん(53)の個展「富士 光の山」が7日、町田駅近くの商業施設・町田パリオ(町田市森野)3階で始まった。

 山本さんは相模原市在住。小学生の頃に写真を始め、町田市内のカメラ店を利用していた。1998年から富士山の撮影を始め、「人知を超え、季節や時間帯で変幻自在に変化する」という魅力に取り付かれた。

 会場では、軽飛行機から空撮した「霊峰富士」、残照で赤く照らされた山肌と満月のコントラストが映える「Super Moon パール富士」など、2002~19年に撮影した15点を展示。雲海の中の富士山をとらえた「光の山」は、南アルプスの北岳山頂からシャッターを切ったという。

 町田パリオは昨年9月から「パリコレッ!ギャラリー」と題し、町田ゆかりのアーティストを紹介する作品展を月1回開催。1月は富士山写真家として活動する山本さんにスポットを当てた。

 山本さんは「コロナ禍で暗くなりがちだけど、富士山の様々な表情を通じ、希望を感じてもらえたらいい」と話していた。

 会期は17日まで。入場無料。

無断転載・複製を禁じます
1754982 0 ニュース 2021/01/08 05:00:00 2021/01/08 05:00:00 2021/01/08 05:00:00 富士山の様々な表情をとらえた作品が並んでいる(7日、町田市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210107-OYTNI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)