読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「御城印」辛垣城跡も続け 青梅市 好評受け対象拡大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

青梅市が制作した辛垣城跡の御城印
青梅市が制作した辛垣城跡の御城印
辛垣山頂にある辛垣城跡
辛垣山頂にある辛垣城跡

 青梅市が市史跡・辛垣城跡からかいじょうあとの「御城印」を制作し、市吉川英治記念館(柚木町)の来館者にプレゼントしている。郷土博物館で昨年配布した勝沼城跡の御城印が好評だったこともあり、他の市施設にも拡大させることにした。

 辛垣城は、戦国時代に多摩川上流域を支配した三田氏の山城。永禄5年(1562年)頃に北条氏照が率いる小田原北条軍の侵攻により陥落し、同時に三田氏も滅亡したと伝えられる。

 一方、勝沼城は辛垣城よりも歴史がある三田氏の拠点で、市内の街おこしグループ「武州青梅三田弾正手作り甲冑かっちゅう隊」がその御城印をデザインし、市に活用を提案した。同博物館は企画展「中世青梅の城館跡」(昨年8~11月)で、入場者アンケートのお礼として配布すると人気を呼び、同展終了までに配った枚数は約850枚に達した。

 予想以上の御城印人気に驚いた市は、1年半の休業を経て昨年9月に再開した吉川英治記念館の集客にも活用しようと計画。辛垣城跡が位置する山のとがった山頂が記念館の庭園から際だって見えることから、担当者は「吉川先生も見ていらしたのだろう」と話す。

 できあがった御城印は文庫本ほどの大きさ。真ん中に記した「青梅市指定史跡 辛垣城跡」の文字は、地元の書道家・川島初男氏に書いてもらった。彩りを添える三田氏の家紋やかぶとの印は、甲冑隊が作ったものだ。昨年12月27日から来館者アンケートのお礼にし、これまで約400枚が客の手に渡ったという。

 担当者は「青梅の史跡と吉川英治記念館を併せてPRする御城印ができた。アンケートに答え、もらってほしい」と呼びかけている。

 吉川英治記念館では3月28日まで、「吉川英治の書画展」を開催している。英治と日本画家の川合玉堂が、宴席で書画を競作した三味線の皮など23点を展示している。小中学生200円、大人500円。休館日など詳しくは同記念館(0428・74・9477)へ。

無断転載・複製を禁じます
1860851 0 ニュース 2021/02/23 05:00:00 2021/02/23 05:00:00 2021/02/23 05:00:00 青梅市が制作した辛垣城跡の御城印 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210222-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)