読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「こくぶひめ」国分寺市 「ふちゅひこ」府中市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名前が決まった4体のキャラクター
名前が決まった4体のキャラクター

 

イメージキャラクター名決定

武蔵国として1300年以上の歴史がある国分寺と府中両市で作る「国分寺・府中観光振興連絡協議会」は、募集していたイメージキャラクター4体=イラスト=の名前を決めた。

 国分寺市側の女の子は「こくぶひめ」。市内の景勝地「真姿の池」で身を清めて病を治したとされる絶世の美女「玉造小町」をモデルにしている。市の鳥・カワセミの名前は「ひすりん」になった。

 一方、府中市側の男の子は「ふちゅひこ」に決まり、国府の官庁で働く役人をイメージしている。日本代表のラグビージャージーを思い起こさせる紅白の横しまの服を着せた。市の鳥・ヒバリは「ひばすけ」と命名された。

 これらのキャラクターは既に無料通信アプリ「LINE(ライン)」のスタンプになっており、同協議会の担当者は「このキャラクターを目印にして、両市の観光振興策を進めていきたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2008771 0 ニュース 2021/04/25 05:00:00 2021/04/25 05:00:00 2021/04/25 05:00:00 名前を募集している、(左から)国分寺市の鳥・カワセミ、絶世の美女「玉造小町」、府中市の役人男性、府中市の鳥・ヒバリをイメージしたキャラクター名前を募集している、(左から)国分寺市の鳥・カワセミ、絶世の美女「玉造小町」、府中市の役人男性、府中市の鳥・ヒバリをイメージしたキャラクター https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210424-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)