読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

一橋大学園祭 配信学び開催へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「好きなときにネットから学園祭をのぞいて見てほしい」と呼びかける実行委員長の原さん
「好きなときにネットから学園祭をのぞいて見てほしい」と呼びかける実行委員長の原さん

あすから 新入生らが企画・運営

 一橋大の新入生らが中心となって企画・運営を行う学園祭「KODAIRA祭」が、12、13日に国立キャンパス(国立市)で開かれる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2年連続中止の危機に見舞われたが、今年はオンライン主体にすることで開催にこぎ着けた。実行委員会は「画面越しでも楽しめる企画をたくさん用意したので、多くの人に参加してほしい」と呼びかけている。(柳沼晃太朗)

 4月に入学した新入生らの親睦を目的に例年6月に開かれてきた同祭は、今回で24回目を迎える。元々は小平市のキャンパスで開かれていたことが名前の由来で、定番の模擬店やステージ企画のほか、受験対策企画もあり、地域住民や受験生にも人気の学園祭だった。

 毎回、1年生約150人が実行委員を務める。そのうち希望者約20人が2年生まで委員を続け、翌年の準備を進めるのがこの学園祭の伝統だ。しかし、昨年はコロナ禍で中止に。慣例通り2年生が引退すると、委員経験のない学生のみとなるため、今年は一部の委員が3年生に進級しても続投した。ただ、今年も開催の壁となって立ちふさがったのは、コロナ禍だった。大学側も学生の課外活動を原則禁止しており、例年通りの企画では中止になる可能性が高かった。

 そんな中で実行委が考え出したのが、ユーチューブやウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を駆使してステージ企画などを配信する、オンラインでの開催だった。大学側もオンラインを条件に開催の許可を出した。実行委員長で社会学部3年の原悠介さん(20)は「対面でやりたい気持ちもあったが、実施しなければ、伝統が途絶えてしまうと考えた」と振り返る。

 オンライン開催が決まったとはいえ、課題も多かった。昨年来、大学のオンライン講義は増えたが、本格的な動画配信の経験を持つ実行委の学生はいなかった。テロップの出し方や動画チャンネルの管理方法など、ガイドブックを頼りに基本的な知識を一から学んだ。

 運営費の工面にも苦労した。コロナの影響で企業からの協賛金は減る見通しで、さらに今回は、会場での飲食販売の収入が期待できない。そこで、ネットを使って費用を募る「クラウドファンディング」を4月から実施。卒業生らを中心に目標額を超える約150万円の運営資金が集まった。

 12、13日に行う企画は約40種類で、人気声優の久保田未夢さんを招いた講演会やお笑いライブに加え、子ども向けに身近な材料を使ったせっけんやスライムの作り方講座を配信する。

 同祭の目玉の一つで、一橋大の入試対策や合格体験記などが載る情報冊子「黄本」の配布も例年とは違う方法で行う。郵送のほか、12、13日にキャンパス近くの情報発信施設「旧国立駅舎」で無料配布する。

 同祭は両日とも午前10時から。詳細は公式ホームページ(https://www.kodairafes.com/)へ。

無断転載・複製を禁じます
2116215 0 ニュース 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 「好きなときにネットから学園祭をのぞいて見てほしい」と呼びかける実行委員長の原さん(28日、国立市の一橋大で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYTNI50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)