読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

檜原の森 親しむ美術館

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

(上)11月3日の開館を目指して急ピッチで整備が進む「檜原森のおもちゃ美術館」(檜原村で) (下)木の遊具で遊べるミュージアムスペースは、1階と2階にまたがって造られる
(上)11月3日の開館を目指して急ピッチで整備が進む「檜原森のおもちゃ美術館」(檜原村で) (下)木の遊具で遊べるミュージアムスペースは、1階と2階にまたがって造られる

(上)11月3日の開館を目指して急ピッチで整備が進む「檜原森のおもちゃ美術館」(檜原村で) (下)木の遊具で遊べるミュージアムスペースは、1階と2階にまたがって造られる
(上)11月3日の開館を目指して急ピッチで整備が進む「檜原森のおもちゃ美術館」(檜原村で) (下)木の遊具で遊べるミュージアムスペースは、1階と2階にまたがって造られる

今秋オープンへ村が整備

 檜原村の豊かな森林資源を活用する「檜原森のおもちゃ美術館」がこの秋、旧・北檜原小学校跡地にオープンする。面積の93%が森林の同村で、かつて盛んだった木材産業の再活性化と観光振興を図る拠点にしようと、村が5億円余をかけて整備している。運営を住民団体に任せることで、雇用と地域内外の交流促進にもつなげたい考えだ。(鈴木章功)

木のおもちゃ展示・体験

 11月3日の開館を目指している美術館は、同村産のスギやヒノキ、サワラをふんだんに使った木造2階建てで、延べ床面積は約1000平方メートル。全国の木のおもちゃを展示したり、木の遊具で遊んだりするミュージアムスペースと、木工品などを販売するショップ、村の特産品を使ったメニューを提供するカフェを設ける。

 木材関連産業が衰退し、少子高齢化が進む村は、村のセールスポイント「東京の森林」の資源を生かした木材・木育産業を活性化しようと、2014年からおもちゃと遊びで村全体を元気にする「トイビレッジ構想」を推進。その中核施設がこの美術館になる。

 構想に基づき、19年には美術館の隣接地に「おもちゃ工房」が建設され、村内の林業会社「東京チェンソーズ」が様々な木工品を作っている。美術館開館後は、来館者がおもちゃの製造工程を見学することもできるという。

観光拠点へ住民が運営

 美術館を運営するのは、NPO法人「東京さとやま 木香會もっこうかい 」。村の指定管理の受け皿として、20年に北檜原小学校のOB、OGら約10人が中心となって設立した。理事の大谷貴志さん(55)が美術館長を務める。

 ほかのメンバーや地域住民は美術館職員になったり、ボランティアの「おもちゃ学芸員」になったりして、美術館の運営に参加。わらべうたや伝承あそびを教えるほか、森と木の魅力を解説して、多世代にわたる来館者と、木のおもちゃとを結ぶ懸け橋役を担う。

 また、美術館の裏山も使って、自然環境の中での遊びを指導する「そとあそび学芸員」も育成中だという。開館後は「そとあそびプログラムの日」を設けて、来館者を自然豊かな裏山にいざなう。

 大谷さんは「訪れた人には、笑顔で帰ってもらいたい。村民はもちろん、村外からも幅広くお客さんを招いて、子どもから大人までが楽しめる体験型美術館を目指す」と意気込んでいる。

裏山の整備へ CF606万円

 「東京さとやま木香會」は6月から、美術館の裏山を整備するための費用を募るクラウドファンディング(CF)を8月13日まで実施し、当初の目標金額(200万円)を大幅に超える606万3000円の支援が集まった。

 美術館の建設費用は村の予算でまかなわれるが、雑草が生い茂る裏山の整備費用は、木香會が独自に用意する必要があった。

 CFで寄せられた資金は、フィールド整備のほか、遊具の製作、ヘルメットなど安全用具の購入、そとあそび学芸員の育成費などに活用していくという。

 木香會理事の谷合保さん(49)は「多くの方のご支援で目標を達成することができた。期待に沿える美術館にしていきたい」と感謝を述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2296060 0 ニュース 2021/08/19 05:00:00 2021/08/19 05:00:00 2021/08/19 05:00:00 急ピッチで整備が進む檜原森の美術館(檜原村で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210818-OYTNI50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)