八高線 今へ続く鉄路

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

八高線を走っていたのと同じ蒸気機関車の写真が展示されている
八高線を走っていたのと同じ蒸気機関車の写真が展示されている
八高南線各駅の駅名標(鉄道博物館所蔵)
八高南線各駅の駅名標(鉄道博物館所蔵)
1933年当時の八高南線の時刻表(鉄道博物館所蔵)
1933年当時の八高南線の時刻表(鉄道博物館所蔵)

箱根ヶ崎駅90周年 瑞穂で企画展

 JR箱根ヶ崎駅(瑞穂町)が今年12月に開業90周年を迎えるのを前に、瑞穂町郷土資料館「けやき館」で、JR八高線の歴史を紹介する企画展「ふるさとの鉄路―八高線と瑞穂町の公共交通のあゆみ―」が開かれている。

戦争や電化 歴史振り返る

 八高線は東京方面への貨物輸送のため、1920年代に南北の2方向から工事を開始。同町では31年に箱根ヶ崎を通る「八高南線」が開通し、34年に八王子―高崎間が八高線として全線開通した。建設当初は日本海側と東京・横浜を結ぶ輸送路の一部として重視されたという。列車は蒸気機関車からディーゼル機関車や電車へと代わった。

 同館1階を訪れると、箱根ヶ崎駅で使用されていた運賃表が来館者を迎える。会場内には、「8850形」「1070形」といった、八高線を走っていたのと同じ蒸気機関車の写真を展示。機関車の運転士の制服や懐かしい硬券の切符、古くなって駅の柱などに二次利用されたレールの一部などの実物も並ぶ。

 33年当時の八高南線の時刻表を見ると、1日あたり上り8本、下り7本の列車が往復していたことがわかる。また、地域の路線バスの資料も展示しており、駅を中心とした公共交通の歩みも紹介している。

 企画展を担当する同館の関口健さんは「90年の間に戦争や電化など、色んな出来事や変化があったが、今も走り続けている八高線の歴史を知ってほしい」と話している。

 入館無料で9月20日まで。期間中は展示の入れ替えや展示解説(9月4日)を行うほか、2階には鉄道模型も展示している。問い合わせは同館(042・568・0634)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2327629 0 ニュース 2021/08/31 05:00:00 2021/08/31 05:00:00 2021/08/31 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210830-OYTNI50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)