星に狙いを 自宅で撮影

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

会場には色鮮やかな星々の姿をとらえた力作24点が展示されている
会場には色鮮やかな星々の姿をとらえた力作24点が展示されている
月面のクレーター
月面のクレーター
木星(上)と土星
木星(上)と土星

 

瑞穂・長岡さん企画展 太陽系や星雲24作品

 瑞穂町のアマチュア天文家の長岡薫さん(52)が自宅から撮影した美しい星の写真を紹介する企画展「瑞穂の天体写真」が、同町郷土資料館「けやき館」で開かれている。

 企画展では、木星や土星、月面のクレーターなどの太陽系の天体をはじめ、赤い三角形の星雲の中に、飾りのように星が輝いている様子からその名がある「クリスマスツリー星団」、ハート形の「ハート星雲」など、ユニークで色鮮やかな星々の姿をとらえた力作24点が並ぶ。

 長岡さんは小学生の頃から星空に興味を持ち、学業や仕事の合間に天体写真の撮影を続けてきた。空気の澄んだ場所に足を運んで撮影することもあったが、現在は自宅屋上から、長時間露光などを使っての撮影が中心になっているという。長岡さんは「遠征は天気との兼ね合いもあるし、自宅からでも天体写真を楽しむ方法はある」と話す。

 会場にはほかに、長岡さんが瑞穂町から撮った写真が掲載された天文雑誌や、宇宙探査の歴史を紹介する解説パネルなども展示している。同館は「天体に興味を抱いて、大宇宙に思いをはせてみてほしい」と話している。

 入館無料で2月6日まで。問い合わせは同館(042・568・0634)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2686994 0 ニュース 2022/01/20 05:00:00 2022/01/20 05:00:00 2022/01/20 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220119-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)