山野草 より取りみどり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山野草の苗を選ぶ来館者
山野草の苗を選ぶ来館者

瑞穂 苗無料配布イベント

 瑞穂町の社会教育施設「耕心館」で9日、山野草の苗の無料配布が行われた。

 隣の町郷土資料館「けやき館」と一緒に開催中の「みずほ山野草ウィーク」の関連イベント。この日は、バラやセツブンソウなど、耕心館ボランティアが育てた12種類約30鉢の苗が配られた。

 訪れた人たちは手に取ってじっくり眺めたり、配布しているパンフレットで開花した写真を確かめたりしながら苗を選んでいた。アシズリノジギクを選んだ、埼玉県入間市の女性(48)は「よく知らない花。だからこそどんな花が咲くのか楽しみで選んだ。自宅に植え替えて大切に育てたい」と喜んでいた。

 苗の配布は4月の土曜と日曜の午前10時半から。1人1鉢でなくなり次第終了。山野草ウィークは5月8日までで、草木染の展示などを行っているほか、耕心館の庭園では黄色いカタクリや、鮮やかなオレンジ色のビートルデイジーなど、季節の花が見頃を迎えている。問い合わせは同館(042・568・1505)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2908973 0 ニュース 2022/04/10 05:00:00 2022/04/10 05:00:00 2022/04/10 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220409-OYTNI50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)