市3施設愛称に「プリモ」 羽村

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「ゆとろぎ」には愛称のフラッグが掲出されている(羽村市提供)
「ゆとろぎ」には愛称のフラッグが掲出されている(羽村市提供)

 

ホールや公園 命名権獲得

羽村市のネーミングライツ(命名権)事業に、瑞穂町の音響機器メーカー「プリモ」(代田大輔社長)が応募し、3施設のスポンサーに決まった。

 契約期間は5年間で、命名権料は年間計300万円。7月から「生涯学習センターゆとろぎ」は「プリモホールゆとろぎ」、「羽村市図書館」は「プリモライブラリーはむら」、「武蔵野公園」は「プリモパークむさしの」の愛称が使われる。

 パートナー協定の締結式では、橋本弘山市長が「代田社長が羽村にお住まいの縁から、ご応募いただいた。協定締結を機に様々な連携を図っていきたい」とあいさつ。代田社長は「プリモは創業70周年を迎え、世界中にマイクロホンを供給している。羽村市の地域貢献の一翼を担えるよう取り組んでいきたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3121943 0 ニュース 2022/06/29 05:00:00 2022/06/29 05:00:00 2022/06/29 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)