高校生医療費 府中市も完全無償化へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

来年度から 23区同様所得制限なし

 都が来年度から実施を予定している高校生の医療費助成について、府中市の高野律雄市長は1日、所得制限なしの完全無償化とし、都の助成の対象外分は市の自主財源で補う方針を明らかにした。読売新聞の取材に答えた。

 都は現在、所得制限を設けて中学生までの医療費を助成。都内では23区と府中市を含む一部市町村が対象外となる部分を自主財源で賄うことで中学生までの完全無償化を行っている。

 都の計画では、高校生の医療費についても所得制限を設けることになっており、特別区長会は先月21日、高校生も23区では完全無償化とする方針を発表。府中市も23区と同様に高校生まで完全無償化することにした。

 高野市長は読売新聞の取材に対し、「子育てしやすいまち・府中として、高校生についても無償化に取り組んでいきたい」と話した。

 9月の定例市議会には、高校生までの完全無償化に対応するため、医療費助成のシステム改修費を含む補正予算案を提出する方針だという。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3132265 0 ニュース 2022/07/02 05:00:00 2022/07/02 05:00:00 2022/07/02 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)