読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

純米酒 燗がオススメ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「自分に合ったおいしい飲み方を探すのも、楽しみの一つ」と語る山枡さん。手帳には飲んだ日本酒の感想がびっしりと書き込まれている(倉吉市で)
「自分に合ったおいしい飲み方を探すのも、楽しみの一つ」と語る山枡さん。手帳には飲んだ日本酒の感想がびっしりと書き込まれている(倉吉市で)

鳥取の日本酒

番外編

 地酒をこよなく愛し、県内の酒蔵からも「鳥取にこの人あり」と一目置かれている酒店主がいる。100年前から続く山枡やまます酒店(倉吉市新陽町)の山枡俊二さん(57)だ。鳥取の日本酒を取り上げた「Newニューもん@鳥取」2月シリーズの番外編として、山枡さんに日本酒の楽しみ方を聞いた。(聞き手・門前光)

 ――お薦めの飲み方は。

 初めて飲む日本酒は、色々な飲み方を試すとよい。同じ蔵の同じ銘柄でも、ワインのように、年によって出来栄えが違う。

 鳥取の純米酒は、米のうま味がしっかりとあらわれているものが多いので、燗酒かんざけにするのがお薦め。まずは常温で飲む。少し冷えている場合は15度くらいにまで戻してから、40、50、60度と順に温め、好みの温度帯を探す。

 燗冷ましという飲み方もある。40度に温めた酒と、60度まで上げてから40度に冷ましたものとでは、味わいも変わる。

 温め方は湯煎がベスト。自宅なら電気ケトルに容器を入れて温めてもいい。手っ取り早く加熱したい時は、レンジを使ってもおいしく飲める。

 ――酒が弱い人でも楽しめる方法は。

 水を加え、度数を下げる「加水」という方法がある。アルコール度数が下がるだけでなく、きりっとした酸味のある酒ほど、加水した時にまろやかになる。加水は、原酒といわれる比較的度数の高い酒ですることが多いが、そうでない酒でも試してもらいたい。

 ――保存法は。

 生酒といわれる日本酒は、「火入れ」という加熱処理をしておらず、品質が変わりやすいので冷蔵保存をしなければならない。火入れをした酒は、常温保存で問題ない。長期間保存する場合は、日が当たりにくい北側の押し入れの奥や床下にでも入れておくと、温度変化が少なくて済む。

 ――甘すぎたり辛すぎたりと、自分の好みと違った場合、どうすればいいか。

 自分でブレンドしたらよい。酸や甘味、辛味などが突出しすぎていると感じたら、他の酒と混ぜてみる。酒蔵でも、ブレンドすることはある。日本酒というと、襟を正して飲む人もいるが、そうした遊び心を持って楽しんでもらいたい。

 <やまます・しゅんじ> 1963年、倉吉市生まれ。立命館大を中退し、21歳の時にUターンして、実家の山枡酒店で働き始めた。県内の酒蔵を紹介した本「とっとり酒蔵散歩 旨(うま)し酒醸す国を訪ねて」(米子今井書店)の監修を担当。燗酒を提供する「お燗番」として全国の日本酒イベントに参加したり、県内外の日本酒ラベルのイラストを描いたりすることもある。「がんこ酒屋」を自称し、保存の仕方などが悪いと、客にも厳しい言葉をかける。また、店内にある酒の値札には「空気を含ませるとプリンスメロンのような味があらわれる」「淡い山吹色。バナナをベースに黒糖とわずかに昆布だしが混ざる薄い熟成香」といった、こだわりのコメントが記されている。

無断転載・複製を禁じます
1858398 0 New門@鳥取 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 「自分に合ったおいしい飲み方を探すのも、お酒の楽しみの一つ」と語る山枡さん(倉吉市新陽町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210221-OYTAI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)