読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<市町村議会>行政運営をチェック

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

琴浦町の新年度当初予算案から改修設計費が削除された「まなびタウンとうはく」=画像の一部を加工しています
琴浦町の新年度当初予算案から改修設計費が削除された「まなびタウンとうはく」=画像の一部を加工しています
町東伯総合公園のサッカー場(琴浦町で)
町東伯総合公園のサッカー場(琴浦町で)

議会の役割<1>

 智頭町議会が昨年9月に決めた議員報酬の引き上げを巡っては、反対する住民が白紙撤回を求めて直接請求する事態となった。背景に浮かんだのは、議会の仕事に対する理解など、議会と住民との間にある距離やギャップだった。市町村議会にはどのような役割があり、無投票の増加など直面する課題は何か――。私たちの生活に関わる市町村議会のあり方について、県内の現状を見ながら考えていきたい。(脇孝之)

 「今までの議会に対する(町民の)評価では、町長の追認機関という言葉まで出ています」

 今年3月12日、智頭町議会の本会議で、直接請求した町民の一人、宮本行雄さん(69)が意見を述べ、町議会の姿勢を批判した。

 市町村議会の大きな役目として、行政運営が適切かどうかをチェックする「行政監視機能」がある。ところが、多くの議会では首長が出してくる議案を原案通り、そのまま可決することが多い。こうした議会運営が「議会不要論」につながっているとの見方もある。

 一方で、監視機能を発揮しているケースもある。

 琴浦町議会は今年3月、小松弘明町長が提出した新年度の一般会計当初予算案から9700万円減らす修正案を可決した。小松町長が2018年に初当選して以来、これまで4回出した新年度当初予算案のうち、3回が修正された。

 全国町村議会議長会によると、全国926町村議会が19年に議決した一般会計予算案のうち、修正、否決など原案のまま通らなかったのは、わずか1.4%。琴浦町議会は補正予算案を含めた7件のうち1件を修正しており、全国平均の10倍にあたる14%だった。

 今年3月の新年度当初予算案で減額したのは、生涯学習センター「まなびタウンとうはく」の改修設計費約8200万円と、町東伯総合公園内のサッカー場を芝生広場にする設計費約1500万円だった。

 まなびタウンとうはくはJR浦安駅横にあり、図書館や多目的ホール、町歴史民俗資料館などが入る地上5階、地下1階の複合施設。空調設備が傷んでいるため、町は大規模改修を計画している。昨年10月に基本設計する業者が決まり、当初予算案には詳しい設計業務費を盛り込んでいた。町議会は「総額11億円もかかる大規模改修なのに、基本設計もまだできていない。もっと時間をかけて検討すべきだ」として当初予算案から削った。

 サッカー場を巡っては、町議会はこれまで、サッカー場として天然芝か人工芝のどちらにするかの議論をしてきた。ところが、小松町長がサッカー場を芝生広場に改修する計画を持ち出してきたため、町議会は「もっと議論する必要がある」として関連予算を削除した。

 高塚勝副議長は「昔だったら、町長が提案してきたものはほとんど通っていた。住民の選挙で選ばれた議員たちが是々非々で判断した結果だ」と語る。

 こうした動きの背景には、多くの議員が活発に発言していることがある。かつては長老議員が「新人が質問するのは早い」と発言を抑える雰囲気があったが、最近の新しい議員は、1年目から堂々と質問する。この姿を見てベテラン議員も刺激を受けているという。

 小椋正和議長は「うちには議会、議員のあり方を定めた議会基本条例があり、今後も議会に求められる役割を十分に発揮していきたい」と話している。

 「Newニューもん@鳥取」5月シリーズは「市町村議会」をテーマに連載します。

<メモ・不信任案>

 鹿児島県阿久根市議会は2009年、竹原信一市長(当時)の不信任案を可決した。

 市長は、議員定数を16から6に削減する条例改正案を提案するなど、議会側と対立。不信任案の可決を受けて市長は市議会を解散したが、当選した新議員が2度目の不信任案を可決し、市長は失職した。

 しかし、出直し市長選では竹原市長が再選。副市長人事などについて、市議会の議決を経ずに決める「専決処分」を繰り返した。その後、竹原市長は、議会機能を否定し、独善的な市政運営をしているとして市民団体が出した解職請求(リコール)成立に伴う市長選で敗れ、混乱に終止符が打たれた。

 この事態を受け、12年の地方自治法改正では、専決処分の対象から副知事や副市長の選任が外れた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2052854 0 New門@鳥取 2021/05/15 05:00:00 2021/05/15 05:00:00 2021/05/15 05:00:00 新年度予算から改修設計費が削られた「まなびタウンとうはく」(琴浦町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYTAI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)