若桜「隼」列車 デザイン一新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ラッピング列車の新デザイン(若桜鉄道運行対策室提供)
ラッピング列車の新デザイン(若桜鉄道運行対策室提供)

 

来月16日運行 バイクと並走も

 県東部を走る第3セクター若桜鉄道(若桜町)は、スズキ(浜松市)の大型バイク「隼(はやぶさ)」を描いたラッピング列車(1両編成)のデザインを一新し、3月16日に運行を開始すると発表した。初日は、バイクと列車が並走する記念パレードで祝う。

 バイクと同じ名前の「隼駅」(八頭町見槻中)は、ライダーの〈聖地〉となっている。ラッピング列車は2016年3月に初登場。デビューから3年を期に、装いを新たにする。新デザインは、車両の側面の一方がシャンパンゴールド、もう一方は赤を基調とし、「隼」「Hayabusa」のロゴを入れた。正面はバイクを前から見た形をあしらった。

 3月16日の一番列車は、郡家駅(八頭町郡家)を午前10時39分に出発し、同11時15分に若桜駅(若桜町若桜)に到着。途中の隼駅で午前10時15分から記念式典を開く。パレードは隼駅を同51分に出発し、八東駅(八頭町才代)まで5・5キロの区間、線路沿いの道路を20台のバイクが連なり、列車と並走する。

 ラッピング列車は3年間、1日1~5往復(点検日を除く)運行する計画。若桜鉄道運行対策室の担当者は「隼ライダーは貴重な『関係人口』。新しいデザインの列車を、若桜鉄道と沿線地域の活性化につなげたい」と話す。

無断転載禁止
442672 0 ニュース 2019/02/14 05:00:00 2019/02/14 05:00:00 2019/02/14 05:00:00 新しい「隼ラッピング列車」のデザインイメージ図(若桜鉄道提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190213-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ