読売新聞オンライン

メニュー

たしカニ白い!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

展示が始まった白いズワイガニ(鳥取市で)
展示が始まった白いズワイガニ(鳥取市で)

鳥取で展示

 全身が白色のズワイガニが境港(境港市)で水揚げされ、9日から県立とっとり賀露かにっこ館(鳥取市賀露町西)で展示が始まった。

 体重1キロ、甲羅の幅13.8センチのオス。境港市の水産加工会社「大新」が11月下旬に購入したカニの中に交ざっていたといい、県漁協を通じて同館に持ち込まれた。何らかの理由で赤い色素「カロテノイド」がないため、白くなったと考えられるといい、甲羅などに付いている黒いカニビルの卵が白さを際立たせている。

 同館での白いズワイガニの展示は4年ぶり。芝田あゆみマネジャーは「かにっこ館でも過去に5例しか確認していない貴重な個体。生きたままの珍しいカニを、ぜひ見に来てほしい」と話している。

 カニの状況によって、展示を予告なく中止する場合もある。入館無料。問い合わせは同館(0857・38・9669)。

無断転載・複製を禁じます
1688996 0 ニュース 2020/12/10 05:00:00 2020/12/10 05:00:00 2020/12/10 05:00:00 4年ぶりに展示される白いズワイガニ(鳥取市賀露町西で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201209-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)