読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「藤寺」薄紫そよそよ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見ごろを迎えたフジ(大山町古御堂で)
見ごろを迎えたフジ(大山町古御堂で)

大山

 「藤寺」として知られる大山町古御堂の住雲寺じゅううんじで、フジの花が見ごろを迎えている。

 1961年に埼玉県春日部市の親木を譲り受けて植樹され、境内に4本植えられている。藤棚(縦20メートル、横30メートル)から薄紫色の小さな花をつけた房が垂れ下がって風に揺れている。

 大勢が思い思いに眺めたりカメラに収めたりして楽しんでいる。初めて訪れた米子市の会社員田辺悟さん(34)は「フジの優しい色合いを見ていると、気持ちが安らぐ。来年も来たい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
2029991 0 ニュース 2021/05/05 05:00:00 2021/05/05 05:00:00 2021/05/05 05:00:00 見頃を迎えたフジ(大山町古御堂で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210504-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)