読売新聞オンライン

メニュー

夏の大山 安全願う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

夏山シーズンの安全を祈願する参加者(大山で)
夏山シーズンの安全を祈願する参加者(大山で)

町長や観光団体 神事

 中国地方最高峰・大山(1729メートル)の夏山開きの安全祈願神事が4日、夏山登山道入り口近くの大山寺阿弥陀堂横であった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、昨年同様、場所を山頂から移し、規模を縮小して営まれた。

 毎年、6月の第1日曜日に山頂で行う神事には登山客ら約1000人が参加する。昨年は場所だけの変更で日程はそのままだったが、今年は前倒しして平日に実施し、参加者を行政機関や山岳団体、観光団体などの関係者約10人に絞った。

 大山旅館組合の山根均組合長(69)が「夏山シーズンの安全を祈願し、新型コロナウイルスの一日も早い沈静化も願いたい」とあいさつ。大神山神社奥宮の神職が祝詞を奏上し、参加者が玉串をささげた。

 参加した大山町の竹口大紀町長は「感染防止のマナーを守って登山を楽しんでいただきたい」と話していた。

 大山ではこの日から、登山者に1回500円の入山協力金を求める実証事業が始まった。

無断転載・複製を禁じます
2102223 0 ニュース 2021/06/05 05:00:00 2021/06/05 05:00:00 2021/06/05 05:00:00 夏山シーズンの安全を祈願する参加者(大山で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210604-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)