読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

スイカ ずっしり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

出荷の最盛期を迎えた倉吉スイカ(倉吉市で)
出荷の最盛期を迎えた倉吉スイカ(倉吉市で)

倉吉で出荷最盛期

 倉吉市で栽培される「倉吉スイカ」の出荷が最盛期を迎えている。

 倉吉市下福田のJA鳥取中央倉吉スイカ選果場で1日約2万玉を出荷。多くの従業員がスイカの表面に傷がないかの確認などの作業に追われている。24日頃まで続く見通し。

 同JAは倉吉スイカのうち、ユウガオではなくスイカに接ぎ木をし、2Lサイズ以上で倉吉スイカの栽培歴が5年以上の生産者のものを「 極実ごくみ スイカ」として販売。倉吉スイカは129戸の計約90ヘクタールで栽培しており、このうち23戸の約8ヘクタールが極実スイカという。

 極実スイカはシャリシャリとした食感と甘みの強さが特色という。6月30日に倉吉市役所で同JAから極実スイカを贈られた石田耕太郎市長は、笑顔でかぶりついて「今年も大変おいしい出来ですね」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2168194 0 ニュース 2021/07/01 05:00:00 2021/07/01 05:00:00 2021/07/01 05:00:00 出荷の最盛期を迎える倉吉スイカ(倉吉市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYTNI50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)