読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

しめ飾り作り丁寧に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

最盛期を迎えたしめ飾り作り(1日、高岡市太田で)=細野登撮影
最盛期を迎えたしめ飾り作り(1日、高岡市太田で)=細野登撮影

 二上山の麓でタケノコ料理店(高岡市太田)を経営する寺尾等さん(72)方で、正月の縁起物「しめ飾り」作りが最盛期を迎えている。

 わらの香りが漂う作業所では家族総出で丁寧にわらを編み、「日の出」や「羽飾り」「打ち出の小づち」などをかたどった後、ウラジロやホンダワラ、ユズリハなどを飾り付け、彩り鮮やかなしめ飾りを次々と仕上げている。

 寺尾さんは「しめ飾りを飾ってすがすがしい気持ちで新年を迎えてほしい」と話していた。作業は今月中旬まで続き、県西部のスーパーなどで販売される。

無断転載・複製を禁じます
1673505 0 ニュース 2020/12/04 05:00:00 2020/12/04 05:00:00 2020/12/04 05:00:00 最盛期を迎えたしめ飾り作り(1日、高岡市太田で)=細野登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201203-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)