読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

連休明け除雪に追われる 公共交通機関復旧進む

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雪の影響で車が渋滞した県道44号(12日午前8時、富山市安野屋町で)
雪の影響で車が渋滞した県道44号(12日午前8時、富山市安野屋町で)

 大雪に見舞われた3連休が明けた12日は、各地で雪が残る足元を気にしながら通勤する人の姿や、積雪の影響で渋滞した道路が見られた。除雪作業も行われ、公共交通機関の復旧が進んだ。

■滑らぬよう通勤 富山駅前では午前6時半頃、長靴姿に厚手のコートを着込んだ人たちが、雪の合間を滑らないように慎重に歩いて職場に向かっていた。富山市神通町の会社員松浦友亮さん(29)は、普段より30分ほど早いバスに乗るという。「職場で雪かきが必要だと思って早めに家を出た。2~3日はこの時間帯の通勤になりそう」と足早にバスに乗り込んだ。

 同市諏訪川原付近の県道44号では、除雪が追いつかず、道幅が狭くなった影響などで朝の通勤時間帯に車が渋滞した。同市呉羽町の銀行員の男性(53)は車で通勤途中、雪で動けなくなった車を数台見かけたといい、「道路が雪ででこぼこしていた。解けて元通りになるには1週間以上かかりそうだ」と顔をしかめた。

■通行止め解除

 中日本高速道路によると、北陸自動車道の滑川インターチェンジ(IC)―朝日IC間と東海北陸自動車道の福光IC―小矢部砺波ジャンクション間の通行止めは12日朝までに解除された。

 JR西日本によると、12日は高山線の猪谷―越中八尾間が終日運転を見合わせたが、城端線は本数を減らして運行、氷見線は全線が運行した。

 富山市内の路面電車は、運転が取りやめになっていた南富山駅前―富山駅間は運行を再開したが、富山駅―富山大学前間と環状線は12日午後7時現在、運転再開のめどは立っていない。

 12日は全市町村の小中学校と県立学校が臨時休校となった。13日の休校が決まっていた県立学校や富山市などの小中学校に加え、黒部市や射水市も13日に小中学校を休校にすると発表した。

 また、大雪による倒木で道路がふさがれ孤立状態になっている氷見市老谷地区と胡桃地区などで12日も復旧作業が行われた。胡桃地区などで孤立は解消したが、12日午後4時時点で老谷地区の9世帯26人は孤立している。

無断転載・複製を禁じます
1765939 0 ニュース 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:12:09 2021/01/13 05:12:09 雪の影響で渋滞になった県道44号(12日午前8時、富山市安野屋町で)=吉原裕之介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210113-OYTNI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)