読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

交番襲撃苦しみ今も あす初公判 警備員妻心境語る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中村さんの遺影の前で手を合わせる妻(10日、富山市内で)
中村さんの遺影の前で手を合わせる妻(10日、富山市内で)

悲しみ、傷自分の口で伝えたい

 富山市で2018年6月に起きた富山中央署奥田交番襲撃事件で、強盗殺人罪などに問われた元自衛官島津慧大けいた被告(24)の裁判員裁判が、富山地裁で14日から始まる。犠牲になった同市の警備員中村信一さん(当時68歳)の妻は事件後、初めて夫の遺影を公開し、初公判に向けて胸の内を語った。

 「被告に私たちの苦しみと傷を分かってほしい」

 同市内で報道陣の取材に応じた妻は、こう言って声を震わせた。夫の写真を公開した理由について、「被告はたぶん主人の顔も知らない。顔だけでも(新聞やテレビに)出して、何か感じるものがあればという期待を込めた」と話す。これまでは孫らへの影響を考慮して公開を控えていたというが、孫たちの「おじいちゃんが悪いことをしたわけではない」という言葉に後押しされた。

 事件発生から2年半が過ぎてようやく裁判は始まるが、時間とともに遺族の心境にも変化があった。同じく犠牲となった稲泉健一警部補(同46歳、殉職後2階級特進して警視)に対し、妻は当初、奪われた拳銃によって夫が殺されたため「『なんで拳銃を奪われたの』という思いしかなかった」。だが、「稲泉さんも被害者。市民を守る使命感で一生懸命戦ってくれたことに、『ありがとう』と言わなければいけないと思うようになった」という。

 裁判では被害者参加制度を使って、自ら意見陳述する予定だ。準備のため被告に言いたいことを書き出していると、「色々なことが思い出されてつらい」という。涙をこぼすこともたびたびあるが、それでも「自分の口で(被告に)思いを伝えたい」。

 島津被告に望むことを問われると、語気を強めた。「私は量刑を決められない。なら何を望めばいいのか。被告には正直に全てを話してほしい。私たちの苦しみと悲しみ、傷を十分に理解したうえで生涯を全うしてもらいたい」。被告が何を語り、どう考えているのか。14日の初公判から、法廷で見守るつもりだ。

無断転載・複製を禁じます
1765970 0 ニュース 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:00:00 中村さんの遺影の前で手を合わせる妻(10日午後6時20分、富山市内で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210113-OYTNI50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)