北方領土また遠のく 動かぬ拉致問題憤り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北方領土への思いを語る浜松さん(6月2日、黒部市の県北方領土史料室で)
北方領土への思いを語る浜松さん(6月2日、黒部市の県北方領土史料室で)
特定失踪者問題の解決を求める浜谷さん(5月31日、富山市内で)
特定失踪者問題の解決を求める浜谷さん(5月31日、富山市内で)

 「ロシアがウクライナと戦争しています。私ら元島民や後継者は当面、北方領土へ渡る手段がなくなっているんです」

連合集票つながらず 野党共闘へ再構築課題

 6月2日、黒部市の県北方領土史料室。元島民2世の浜松禎高さん(65)は、郷土を学ぶ研修会で集まった市内の小中学校教員10人に語りかけた。北方領土の歴史や島での暮らしを約30分説明し、教員たちは熱心にメモを取っていた。市立桜井小の山本直美教諭は「ウクライナ情勢もあり、領土を守る大切さを子どもたちに伝えたい」と話した。

 富山県は北海道に次いで元島民が多く、今年3月時点で452人いる。北前船交易の歴史を背景に、貧しかった多くの県民が季節労働で島へ渡った。戦後、元島民らは熱心に返還運動に携わった。しかし、今年3月、ロシアのウクライナ侵略に伴う日本の制裁への報復措置として、ロシア側がビザなし交流などを停止。返還交渉の行方は一層、不透明になっている。

 元島民団体「千島歯舞諸島居住者連盟」富山支部長の浜松さんは、昆布漁を営んでいた母の実家が歯舞群島の水晶島にあった。ビザなし交流で北方領土へ渡った経験がある浜松さんは「島とのつながりがなくなると、返還交渉も前に進まなくなる」と肩を落とす。

 参院選では、有権者の関心が生活に直接関わる問題に集まりがちだ。浜松さんは「北方領土を奪われた歴史はウクライナで今、起きていることと同じ。日本にとっても大きな問題だということを知ってほしい」と強調する。

 水晶島に8歳までいた元島民の吉田義久さん(84)(黒部市)も思いは切実だ。「(返還が実現されず)悔しいし、残念。一日も早く返してほしい」と話す。

 島へは毎年春から秋に渡り、家族で昆布漁を営んだ。島で草の実を食べたり、花を摘んだりして過ごした思い出は今も鮮明だ。吉田さんは「北方領土は日本固有の領土。(政治家は)『返せ』と高らかに声を上げ続けてほしい。そうしないと領土を見捨てることになる」と訴える。元島民の平均年齢は86歳超。領土問題の解決は、待ったなしの課題だ。

 北朝鮮を巡る問題も深刻だ。拉致された可能性を排除できない「特定失踪者」で、公表されている県出身者は8人。2002年に拉致被害者5人が帰国して20年がたとうとしているが、その後、新たな救出は実現していない。

 県内支援団体「救う会富山」の浜谷隆平会長代行(83)は「政府は拉致問題を『最重要課題』と言いながら、何もやっていないのではないか」と憤る。近年は家族の高齢化もあり、「活動しても無駄じゃないか」と活動から手を引く人も出てきたという。03年に同会を設立した当初は集会に約2000人集まったが、今は100人台だ。

 浜谷さんは「機運が冷めてきてしまったと感じる。しかし拉致は人権問題だ。各候補者はしっかり訴えてほしい」と求める。(小田倉陽平)

(おわり)

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選 富山選挙速報・開票結果【随時更新】
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3134487 0 ニュース 2022/07/03 05:00:00 2022/07/03 05:00:00 2022/07/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYTNI50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)