<上>失意の一戦 弱点を打開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

春季近畿地区大会では、選抜大会に続き決勝で大阪桐蔭に敗れたが、ナインは手応えを感じていた
春季近畿地区大会では、選抜大会に続き決勝で大阪桐蔭に敗れたが、ナインは手応えを感じていた
同大会決勝、初回無死1塁から神先が右前打を放って好機を拡大。選抜以降の練習の成果を発揮した(いずれも兵庫県明石市の明石トーカロ球場で)
同大会決勝、初回無死1塁から神先が右前打を放って好機を拡大。選抜以降の練習の成果を発揮した(いずれも兵庫県明石市の明石トーカロ球場で)

 4月4日、甲子園球場。大阪桐蔭に2―5とリードを許した九回二死。根来塁(2年)の打球は力なく一塁手のグラブに収まり、トスを受けた投手がベースを踏んだ。優勝の夢は断たれ、昨春から続く同校との連敗は「4」に伸びた。

 むせび泣くナインを横目に、現状を冷静に分析していたのは、コーチの中谷仁(39)。「今の彼らは、まだ優勝に値しない」。1997年夏の優勝メンバーでプロ野球経験者の頭の中では、既に夏に向けた戦いが始まっていた。

    ○

 選抜大会は、全国に「強豪復活」を印象付けた大会だった。準々決勝、準決勝で最大5点差をひっくり返す大逆転劇を演じ、春夏通じて16年ぶりに決勝進出。しかし、大阪桐蔭には歯が立たなかった。安打6本を放ったが、「まともに外野に飛ばせたのは1~2本」と主将・文元洸成(3年)。中谷だけでなく、選手たちも3点差以上の「差」を感じていた。

 選抜以後、ナインは、決勝の反省を生かした練習に取り組み始めた。

 大阪桐蔭など好投手ぞろいの強豪校には、ほとんど走者を出せない。少ない好機に、どう畳みかけるか。「無死一塁」や「一死一塁」の場面を想定した打撃練習を何度も繰り返した。「選抜決勝では満塁まで持って行った四回しか得点できなかった。練習で、一塁走者を確実にかえす力が付いてきた」と東妻純平(2年)は手応えを話す。

 6月、夏の前に〈宿敵〉と再戦する機会を得た。兵庫県明石市の明石トーカロ球場で行われた、春季近畿地区大会決勝。結果は1―3で敗れ、連敗は「5」になったが、試合を終えたナインの表情は春とは一転して明るかった。

 初回、細川凌平(1年)が安打で出塁。無死一塁から、続く神先恵都(3年)が流し打ちして好機を拡大し、文元の中前打で先制。練習してきた形が実を結んだ。「差は縮まった」「夏はやり返せる」。ナインからは、前向きな言葉が相次いだ。

     ○

 選抜以後、変わったものがほかにもある。

 教室後方の壁に、決勝のスコアボードの写真が貼り出された。悔しさを忘れないため、毎日目にする場所に貼ったものだという。

 しかし今は、それを見る目も違ってきた。「後ろの壁に貼ったのは、前だと授業に集中できないでしょ」と文元。失意の一戦を笑い話にする余裕が出てきた。

 心身ともに充実して迎えた和歌山大会。初戦から驚異的な打力を披露して高野山を12―0で破ると、準決勝までの4試合すべてでコールド勝利を収めた。

 次々と増える得点にも、この4か月間の変化を知るコーチの中谷は驚かなかった。「これが、彼らのいつも通りの力だ」

(敬称略)

 ◇記者が選ぶ「この得点」

 ◇2回戦・高野山戦 二回無死満塁

 初戦高野山戦の初回は、硬さもあって無得点。待望の初タイムリーは二回、9番のエース平田龍輝(3年)から放たれた。チームの雰囲気はがらりと変わり、11安打で大勝。その後の大量得点の口火を切る一打となった。よりプレッシャーのかかる甲子園の初戦では、先制点が勝負の鍵を握る。聖地でも、いち早く快音を響かせてほしい。

     ◇

 智弁和歌山ナインが和歌山大会で積み上げた「60点」。その中から、ポイントとなる得点を記者が紹介する。

無断転載禁止
35475 0 60点打線 智弁和歌山頂点へ 2018/08/04 05:00:00 2018/08/04 05:00:00 春の近畿大会決勝、大阪桐蔭に5連敗目を喫し、閉会式に臨む智弁和歌山ナイン(6月3日、兵庫県明石市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180804-OYTAI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ