磯の香り ふわり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

天日干しされるワカメ。磯の香りが広がる(由良町衣奈で)
天日干しされるワカメ。磯の香りが広がる(由良町衣奈で)

 ◇由良でワカメ収穫

 養殖ワカメの産地、由良町衣奈えなの衣奈湾で収穫が始まった。漁港で天日干しされて風に揺れ、辺りに磯の香りを漂わせている。今月末まで続く。

 潮の流れが緩い衣奈湾で育つワカメは、軟らかく、独特のうま味があり、人気を集める。7軒が生産している。

 養殖歴が50年近い中野啓夫三ひろふみさん(71)は、1月下旬から家族で収穫している。沖合約300メートルで2か月かけて育てたワカメを水揚げし、丸太を組んだ棚にロープごとつるし、くっつかないように広げている。

 2~3日天日で干し、ゴザの上でさらに2日干した後、切って袋に詰め、直売のほか、県内を中心に出荷する。3月中旬からは塩蔵ワカメ作りが始まる。

 今季は種の生育遅れや少雨に見舞われたが、既に1.3メートル前後に育ち、中野さんは「例年並みの水揚げが期待できそう。地元のおいしいワカメを味わって」と話している。

無断転載禁止
418927 0 ニュース 2019/02/02 05:00:00 2019/02/02 05:00:00 2019/02/02 05:00:00 水揚げしたばかりのワカメを天日干しする女性。磯の香りが広がる(由良町衣奈で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190201-OYTNI50060-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ