コウノトリ 今年も日高に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

水田をゆっくりと歩くコウノトリ(25日、日高町で)
水田をゆっくりと歩くコウノトリ(25日、日高町で)

 国の特別天然記念物・コウノトリ1羽が、日高町志賀の水田に20日頃から姿を見せ始めた。25日もエサをついばむ姿が見られ、近所の人が見守っている。

 写真を見た兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)が、足環あしわから、2017年に同県朝来市で生まれたメスと確認した。

 近くの妙願寺住職、楠原晃紹さん(52)は「昨年も近くに飛来したと聞いたが、見られなかった。姿を見るだけでワクワクする。エサをしっかりと食べて元気に過ごしてほしい」と話し、双眼鏡で観察していた。

無断転載禁止
555481 0 ニュース 2019/04/26 05:00:00 2019/04/26 05:00:00 2019/04/26 05:00:00 水田をゆっくりと歩くコウノトリ(25日、日高町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190425-OYTNI50071-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ