お花見 一足早く 道の駅なち

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 那智勝浦町の「道の駅なち」駐車場で、早咲きのサクラが淡いピンク色の花を咲かせ、観光客や地元の人たちが、一足早いお花見を楽しんでいる=写真=。

 隣接する「那智駅交流センター」によると、毎年、梅より早くつぼみをほころばせるが、種類や樹齢はわからないという。今年の開花は例年より1週間ほど早く、22日現在で八分咲き。ここ数日は暖かい日が続き、数羽のメジロがミツを求めて枝から枝へと忙しく飛び回っている。

 同センター職員の松嶋悟さん(54)は「今後の天候次第だが、月末に満開を迎え、2月上旬まで楽しめそう」と話している。

無断転載禁止
1016729 0 ニュース 2020/01/24 05:00:00 2020/01/24 05:00:00 2020/01/24 05:00:00 見頃を迎えた早咲きのサクラ(那智勝浦町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200123-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ