マスク代要求など 詐欺注意

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県警 新型肺炎便乗に警戒

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴い、便乗した詐欺の発生が懸念されるとして、県警が注意喚起している。

 県警生活安全企画課によると、予想される詐欺は▽市役所の職員などを装い、義援金名目で現金を受け取ろうとする▽感染した家族などを装い、治療費として現金を要求する▽家族などを装い、中国にいる友人へ送る薬やマスク代を要求する▽息子などを装い、中国での仕事が滞って損害金が発生したなどとして現金の援助を求める――など。

 犯人が「感染が発覚すれば大騒ぎになるので、他の人には言わないで」などと指示することも想定されるという。県内で新型肺炎に関連した詐欺被害や電話はこれまで確認されていないが、改元や連休など、大きな出来事の度に便乗した詐欺が発生しているという。

 県警は「新型肺炎に関連して現金を要求されたら、安易に渡さずに、警察に相談を」と呼びかけている。

     ◇

 和歌山市は4日、新型肺炎が発生した場合の対応を話し合う2回目の連絡会議を開いた。市保健所には3日までに医療機関や市民から約130件の相談があったことが報告されたほか、市内で感染者が出た場合は速やかに対策本部を設置することを確認した。

無断転載禁止
1037142 0 ニュース 2020/02/05 05:00:00 2020/02/05 05:00:00 2020/02/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ