ひなめぐり「五輪」も登場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

海南で駅や商店など2000体

JR海南駅にずらりと並んだひな人形
JR海南駅にずらりと並んだひな人形
東京五輪にちなみ聖火台に火をともすひな人形(JR海南駅前の商店街で)
東京五輪にちなみ聖火台に火をともすひな人形(JR海南駅前の商店街で)
体操のあん馬に挑戦するひな人形も(JR海南駅前の商店街で)
体操のあん馬に挑戦するひな人形も(JR海南駅前の商店街で)

 海南市内の各地に飾られたひな人形を巡って街歩きを楽しむ恒例の「紀州海南ひなめぐり」が15日、始まった。10回目を迎えた今年は東京五輪にちなんだ人形も並び、訪れた人らの目を楽しませている。3月15日まで。

 有志でつくる実行委員会が2011年から毎年、この時期に開催。家庭で眠っていたひな人形を募り、商店や施設など約120か所に計約2000体を展示している。

 JR海南駅では、ミカンを収穫するコンテナ約500個を積み上げた特大のひな壇を設置。1000体余りのひな人形を並べた。菓子の箱を手に持った人形もあり、その数を当てるクイズも。

 駅前商店街では、五輪競技のラグビーや卓球、カヌー、体操のほか、聖火台や表彰台での人形なども飾られている。

 初日は海南駅で式典があり、東美智・実行委員長が「『明かりをつけましょ海南に』を合言葉に始まった。マップを片手に街を歩いてくれたら、うれしい」とあいさつした。問い合わせは実行委(080・3840・0740)。

無断転載禁止
1055325 0 ニュース 2020/02/16 05:00:00 2020/02/16 05:00:00 2020/02/16 05:00:00 特大のひな壇に並んだひな人形(JR海南駅で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200215-OYTNI50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ