高野山 しんしん

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

一面雪に覆われた高野山(18日午前、高野町で)
一面雪に覆われた高野山(18日午前、高野町で)

 上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、県内は17日夜から18日午前にかけて強く冷え込み、山地を中心に雪が降った。和歌山地方気象台によると、19日は平年並みに戻り、その後は平年より暖かくなるという。

 高野山では18日朝、寺院の屋根や道に雪が積もり、一面銀世界となった。この日の最高気温は0.2度と平年(4.9度)を大きく下回った。和歌山市内でも、9.3度(平年10.7度)と冷え込み、市中心部では、厚手のコートを着たりマフラーをしたりして歩く人が目立った。

 本州最南端の串本町でも17日午後10時頃、みぞれが観測されたという。

無断転載禁止
1060335 0 ニュース 2020/02/19 05:00:00 2020/02/19 05:00:00 2020/02/19 05:00:00 一面雪に覆われた高野山(18日午前、高野町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200219-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ