栃ノ心「和歌山元気に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

春場所に向け意気込みを語る(左から)岩友親方、春日野親方、栃ノ心関(県庁で)
春場所に向け意気込みを語る(左から)岩友親方、春日野親方、栃ノ心関(県庁で)

県出身親方らと知事訪問

 大相撲春場所(3月8日初日・大阪市)を前に、春日野部屋の春日野親方(海南市出身)と岩友親方(御坊市出身)、元大関で西前頭9枚目の栃ノ心関が26日、県庁を訪ね、仁坂知事に意気込みを語った。

 春日野親方は、「大阪には和歌山の人がたくさん来てくれるので楽しみだ」と述べ、岩友親方は「いつも和歌山からの応援に元気をもらっている」と話していた。

 栃ノ心関は、昨年後半はけがに苦しんだが、調子が徐々に上向いているといい「気合を入れて頑張る」と述べた。一方、県内で新型コロナウイルスの感染者が出たことについて、「観戦してくれた和歌山の人が少しでも元気になってもらえたら」と気遣っていた。

無断転載禁止
1074796 0 ニュース 2020/02/27 05:00:00 2020/02/27 05:00:00 2020/02/27 05:00:00 仁坂知事に意気込みを語る岩友親方(左)、春日野親方(中)、栃ノ心関(県庁で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200227-OYTNI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ