根来寺遺構 丸ごと再現

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岩出の展示施設 全面開業

丸ごと再現された階段遺構(岩出市で)
丸ごと再現された階段遺構(岩出市で)

 室町時代から戦国時代にかけ、強大な勢力を持った根来寺(岩出市)で発掘された遺構や遺物のレプリカなどを展示する施設が21日、全面開業した。施設は、同寺近くの旧県議会議事堂そばにあり、4月に先行公開した一部と合わせ、当時の僧侶たちが生活した「子院しいん」や関連の遺構を丸ごと再現したレプリカを見て、触ることができる。入場無料。

ガラス繊維セメント活用

 同寺境内や周辺では、300~400の子院があったと推測されている。先行公開されている繊維強化プラスチック(FRP)製の半地下倉庫(縦9メートル、横4メートル80、高さ1メートル50)のほか、今回は、丘陵にある上段と下段の子院を結ぶ階段や通路跡(長さ6メートル70、幅4メートル20、高さ3メートル70)のレプリカを公開。ガラス繊維強化セメント(GRC)という耐久性のある素材を使い、大きさや細やかな凹凸まで正確に再現した。

 GRCは風雨や日光に当たっても劣化せず、屋外でも長期間保存できる。県教育委員会によると、GRCで遺構を丸ごと再現したのは全国で初めてという。本物の遺構は地下1メートルに埋め戻された。施設内ではほかに、発掘された皿や瓦などのレプリカも展示している。

 21日には、同施設で全面開業を祝うセレモニーがあり、仁坂知事らがテープカット。僧兵にふんした田中元浩・県教委文化遺産課主査の案内で、関係者らは階段遺構などを見て回った。田中さんは「レプリカを見て触って、往時をしのんでいただければうれしい」と話していた。

 年末年始を除いて無休。開場は午前9時~午後5時。問い合わせは県教委文化遺産課(073・488・6504)。

無断転載・複製を禁じます
1644562 0 ニュース 2020/11/22 05:00:00 2020/11/22 05:00:00 2020/11/22 05:00:00 復元された階段遺構のレプリカを案内する田中さん(岩出市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201121-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ