読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

円通寺・五輪塔 民俗文化財に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県内初の登録となる「高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料」(県教育委員会提供)
県内初の登録となる「高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料」(県教育委員会提供)

 国の文化審議会は15日、高野山の円通寺(高野町)で2年前に発見された「高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料」を登録有形民俗文化財にするよう文部科学相に答申した。登録されれば県内初となる。(豊嶋茉莉)

国文化審答申 県内初 関連資料も

 五輪塔は木製で高さ約10センチ、幅約3センチ。2019年4月、円通寺の本尊を安置する壇の下の空間から、木箱に入った状態で1万2156点が見つかった。その半数以上の底面には、現在の東京や鳥取など各地の地名、奉納者の名前、願い事などが墨書されていた。

 製作や流通の正確な経緯は不明だが、五輪塔を納めた木箱の外書きから、江戸時代に奉納された物とみられる。同様の木製五輪塔は「会津高野山」とも呼ばれる真言宗八葉寺(福島県会津若松市)でも見つかっている。

 五輪塔とともに納められていた祈祷きとう札や護符など156点も登録の対象となっている。これらは一般的には神社が配布するもので、宗教を超えて高野山に人々が出入りしていたことが分かる。

 登録有形民俗文化財は、庶民の暮らしぶりを示した貴重な資料を登録する制度。全国で45件が登録されているが、県内ではまだ登録例はない。

 高野山真言宗の添田隆昭宗務総長は「各地を回り、『高野ひじり』とも呼ばれた僧侶の実態はよく分かっていなかったが、その実態を解き明かす手がかりになる。高野山の長い歴史の中で、知られざる一面を示す資料として今後も守りつなぎたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1773759 0 ニュース 2021/01/16 05:00:00 2021/01/16 05:00:00 2021/01/16 05:00:00 県内初の登録となる「高野山奉納小型五輪塔及び関連資料」(県教育委員会提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210115-OYTNI50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)