読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

田辺工高生500人 時と技を重ね完成

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「デロリアン」の完成を喜ぶ生徒たち(田辺市で)
「デロリアン」の完成を喜ぶ生徒たち(田辺市で)

回る「デロリアン」時計

 米映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する自動車型タイムマシン「デロリアン」のオブジェが回るからくり時計が、県立田辺工業高(田辺市)の校内広場に完成した。生徒たちが約5年がかりで作り上げた力作で、「学校の新たなシンボルに」と期待している。

 全長約4メートル20、幅約2メートル20、高さ約1メートル10。車体は、2ミリ厚のアルミニウム板で表面がかたどられ、LED(発光ダイオード)でフロントライトなどが表現されている。公式な設計図がないため、大きさや色は市販の模型や映画を参考にしたという。

 月~金曜の午前9時、正午、午後3時、同6時の4回、映画のテーマソングに合わせて、ゆっくりと回転する。午後6時には土台周辺のライトも光り、地域住民らが見物に訪れることもあるという。

 設置は、正門前の広場に50年ほど立っていたヤシ科の樹木が腐敗により2015年に伐採され、スペースができたことがきっかけ。「生徒の作品を置いては」と校内で声が上がり、米国の映画会社側に許可を得た上で、16年から制作が始まった。

 それ以来、計400~500人の生徒が関わり、車体や土台を作ったり、車体周りに電灯を付けたりし、20年3月に広場に設置。その後、「ものづくり研究部」の生徒3人が車体を回転させるための駆動装置を作り、同年12月末に完成した。

 駆動装置を制作した2年広畑匡規まさきさん(16)は「先輩たちが何年も前から手がけてきたものを自分たちが完成させられうれしい。デロリアンを見て田辺工業に入りたいと思う生徒が増えてほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1776061 0 ニュース 2021/01/17 05:00:00 2021/02/06 19:40:35 2021/02/06 19:40:35 デロリアンの制作に関わってきた生徒たち(田辺市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210117-OYTNI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)