読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

森の香り 広がるチョコ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新宮の企業 天然オイル2種使用

森の香りがするチョコレート「熊野の香り 4896」(新宮市で)
森の香りがするチョコレート「熊野の香り 4896」(新宮市で)

 バレンタインデー(14日)を前に、新宮市緑ヶ丘のアロマ製造販売会社「エムアファブリー」が森の香りがするチョコレートの販売を始めた。同社の竹原真奈美代表は「ひと口ほおばると広がる森の香りで、コロナ禍の不安も溶かしてもらえれば」とPRしている。

 県内産の芝原スギ、クロモジ(クスノキ科)から抽出した2種類の天然オイルで香り付けしたチョコレート「熊野の香り 4896」で、木の香り成分が溶け込んださわやかな後味が特徴だ。

 2017年から毎年冬の時期に日高川町の会社に製造を委託し、販売してきたが、今シーズンは、コロナ禍で売れ残る可能性が懸念されることから、見送りを検討していた。しかし、バレンタインデーを前に、問い合わせや激励のメッセージが多数寄せられたことから、製造・販売を決めたという。

 8個入り(40グラム)1490円、16個入り(80グラム)2570円(いずれも税込み)。問い合わせは同社(0735・22・0662)へ。

無断転載・複製を禁じます
1831901 0 ニュース 2021/02/10 05:00:00 2021/02/10 05:00:00 2021/02/10 05:00:00 10日から発売される「熊野の香り 4896」(新宮市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210209-OYTNI50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)