読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

たま電車 新デザインニャ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

和歌山電鉄 来冬運行目指す

デザインについて説明する小嶋社長とニタマ(紀の川市で)
デザインについて説明する小嶋社長とニタマ(紀の川市で)
「たま電車ミュージアム号」のイメージ(c)水戸岡鋭治
「たま電車ミュージアム号」のイメージ(c)水戸岡鋭治

 猫が駅長を務める和歌山電鉄は、歴代の猫駅長3匹のイラストをあしらった「たま電車ミュージアム号」のデザインを発表した。ラウンジ席などを備えた特別仕様で、来冬の運行開始を目指すという。

 深い茶色の車体に、初代駅長の「たま」と、現駅長の「ニタマ」、「よんたま」がかわいらしく描かれている。車内には、特別感のあるラウンジ席や「VIP席」などを用意。トリックアートなどの仕掛けのほか、猫駅長たちの写真やイラスト、関連本なども展示し、乗るだけで楽しめるような工夫が凝らされている。

 「にゃん・にゃん・にゃん」の語呂合わせから「猫の日」とされる22日、貴志駅で同電鉄の小嶋光信社長とニタマが駆けつけ、デザインがお披露目された。

 デザインを手がけた水戸岡鋭治さん(73)は「世界中の猫駅長のファンの注目が集まるので、手を抜けなかった。豊かな時間を乗客に提供したい」と話す。

 沿線住民らで作る「貴志川線の未来を“つくる”会」の森山正雄さん(75)は「こんな電車は他にない。完成すれば自慢したい」と期待していた。

 車両は運行中の「おもちゃ電車」を改装して製作する方針で、秋には作業を始める予定という。資金の一部は、クラウドファンディングで募っている。

無断転載・複製を禁じます
1863437 0 ニュース 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 新デザインについて説明する小嶋社長とニタマ(紀の川市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210224-OYTNI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)