読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

和歌山に新バスケチーム

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見に臨んだ上田理事長(左)ら(和歌山市で)
記者会見に臨んだ上田理事長(左)ら(和歌山市で)

聴覚障害者メンバーに 26年度 Bリーグ参入目標

 県内外で障害者支援事業に取り組む認定NPO法人「one―s future(ワンズ フューチャー)」(紀の川市)が、聴覚障害者をメンバーに加えたバスケットボールの男子クラブチーム「ONELYS(ワンリーズ) wakayama」を4月に設立すると発表した。2026年度にプロリーグ「Bリーグ」への参入を目指す。

 同法人は、県内や大阪府で障害者支援施設の運営やチャリティーイベントを開いているほか、大阪、三重両府県などで聴覚障害者のメンバーが活躍するバスケチームを所有している。今回は「夢を持てるプロチームを和歌山につくりたい」と設立に至ったという。

 新チームは、4月から県内リーグに所属し、和歌山、紀の川両市を拠点に活動を開始する。すでに先行募集により聴覚障害者を含めた8選手の所属が決まっており、最終的には、15人程度の選手が所属するチームになるという。近畿地方の地域リーグやBリーグへの進出を念頭に成績を伸ばし、協賛企業を募って資金を集める。

 26日に和歌山市内で記者会見に臨んだチーム代表の上田頼飛よりたか・同法人理事長は、「健常者にも障害者にも夢を与えられるチームにしたい」と意気込みを語った。

無断転載・複製を禁じます
1873741 0 ニュース 2021/02/28 05:00:00 2021/02/28 05:00:00 2021/02/28 05:00:00 記者会見に臨んだ上田理事長(左)ら(和歌山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210228-OYTNI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)