読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

貴族の景色 一番乗り 熊野川舟下り始まる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

川舟下りを楽しむ参加者ら(新宮市熊野川町で)
川舟下りを楽しむ参加者ら(新宮市熊野川町で)

 平安時代の熊野詣での水上交通に由来する「熊野川舟下り」が2日、今シーズンの定期運航を始めた。あいにくの雨だったが、午前の第1便には事前予約した家族3人が乗船し、早春の熊野川の風情を楽しんだ。運航は11月30日まで。

 川舟下りは、新宮市熊野川町から熊野速玉大社までの全長約16キロを約1時間半かけて巡る。平安貴族らが熊野三山に参詣する際、舟で往来したことにちなんでいる。熊野川が「川の参詣道」として世界遺産に登録された翌年の2005年9月にスタートした。

 両親と一緒に第1便に乗り込んだ男性(50)は、世界遺産巡りで訪れたといい、「雨が残念だが、景色とスリルを楽しみたい」と話していた。

 運航を管理する熊野川川舟センターによると、今年度の利用客数は、新型コロナウイルスの影響で昨年春に一時休業したこともあり、ここまで過去最低という。スタッフの大浜考之さんは「一刻も早く終息し、皆さんが安心して旅行できる環境になることを願うばかり」と話していた。

 料金は大人4300円、4歳~小学生2000円。4歳未満は乗船不可。問い合わせは同センター(0735・44・0987)。

無断転載・複製を禁じます
1882601 0 ニュース 2021/03/03 05:00:00 2021/03/03 05:00:00 2021/03/03 05:00:00 川舟下りを楽しむ参加者ら(新宮市熊野川町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210303-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)