読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

和歌山城公園 春めく

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

桜満開、冬眠からベニー目覚め

 和歌山地方気象台は27日、和歌山市でソメイヨシノが満開になったと発表した。例年より8日、昨年よりも4日それぞれ早いという。和歌山市の和歌山城公園でも見頃を迎え、園内が春めいた雰囲気に包まれている。

見頃を迎えた和歌山城公園の桜(和歌山市で)
見頃を迎えた和歌山城公園の桜(和歌山市で)
冬眠から目覚めたベニー(和歌山市で)
冬眠から目覚めたベニー(和歌山市で)

 市和歌山城整備企画課によると、園内で楽しめるのは、ソメイヨシノ約500本、ボタンザクラ約60本、枝垂れ桜が6本。市は園内での宴会を伴う花見の自粛を求めており、多くの人は歩きながら花を見上げたり、写真を撮ったりしていた。

 岩出市から家族で訪れた加山智紀さん(27)は「子どもに初めての桜を見せてあげられてよかった。コロナに気をつけながら楽しみたい」と話した。

 公園内の動物園では、園長のツキノワグマ「ベニー」(雌、推定28歳)が、約3か月ぶりに冬眠から目覚めた。

 ベニーは26日午前9時頃におりの中で目覚め、ゆっくりと屋外の飼育場へ姿を現した。子どもたちが「くまさーん」などと呼びかける中、あくびをしてうずくまり、まだ眠そうな表情を見せていた。

 ベニーは昨年12月17日に冬眠。完全に寝て過ごすわけではなく、2日に1回、飼育員から与えられた蒸したニンジンなどを食べていた。飼育員の西出尚輝さんは「毎日健康に過ごしてほしい」と願っていた。

無断転載・複製を禁じます
1942473 0 ニュース 2021/03/28 05:00:00 2021/03/28 05:00:00 2021/03/28 05:00:00 見頃を迎えた和歌山城公園の桜(和歌山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210327-OYTNI50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)