読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

全国の和凧で気分上昇…九度山

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

形や色が様々な和凧が並ぶ会場(九度山町で)
形や色が様々な和凧が並ぶ会場(九度山町で)

 和紙で作った色とりどりの和凧わだこを紹介する企画展「民芸和凧展」が、九度山町の紀州高野紙伝承体験資料館「紙遊苑しゆうえん」で開かれている。16日まで。

 同町は、1000年以上前から和紙の産地として知られ、紙遊苑は1999年の開館以来、和紙の魅力を伝えようと全国各地の和凧を収集。年1回、和凧を紹介する企画展を開いている。

 今回は、町ゆかりの戦国武将・真田幸村や、セミや蜂といった昆虫、龍などを描いた、形や色が様々な123点を天井や壁いっぱいに展示している。青森や香川、茨城、長崎などで作られたもので、いずれも紙遊苑が購入または制作を依頼した。下西徳義のりよし・苑長(74)は「全国の珍しい凧をまとめて見られる貴重な機会だ」と話している。

 入場無料。午前9時~午後4時半。期間中、10、11両日は休館。問い合わせは紙遊苑(0736・54・3484)。

無断転載・複製を禁じます
2028591 0 ニュース 2021/05/04 05:00:00 2021/05/04 05:00:00 2021/05/04 05:00:00 形や色が様々な和凧が並ぶ会場(九度山町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210503-OYTNI50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)