読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県内3例目 GI登録

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

わかやま布引だいこん

GIに登録された「わかやま布引だいこん」=農林水産省提供
GIに登録された「わかやま布引だいこん」=農林水産省提供

 農林水産省は5月、和歌山市内で生産されている「わかやま布引ぬのひきだいこん」を、特定地域で作られた伝統的な農林水産物や食品を国が認証する「地理的表示(GI)」に登録した。県内では「紀州金山寺味噌みそ」、「和歌山梅酒」に次いで3例目となる。

みずみずしさ人気 生産継続性など評価

 わかやま布引だいこんは、同市の布引、内原、紀三井寺、毛見の各地区で生産される青首大根。上から下まで太さがそろい、毛穴が浅いのが特徴。市場では「みずみずしく、軟らかい」と品質が評価され、高値で取引されている。

 1980年代以降に生産が本格化し、2019年度の生産者数は50戸、出荷量は約4500トン。わかやま農業協同組合(和歌山市)が20年1月に申請し、同省などの審査を通過して登録が決まった。地域との結び付きや生産の継続性などが評価されたという。

 同組合の坂東紀好組合長は「GI登録は生産者の努力のおかげで大変喜ばしい。品質をより高め、生産者をバックアップして地域農業の振興を図っていきたい」とのコメントを寄せた。

 GIは、各地域の伝統や特性がある特産品の価値を高め、知的財産として保護するのを狙いとした国の制度。認証されれば、ロゴマークを表示して販売できる。

無断転載・複製を禁じます
2110634 0 ニュース 2021/06/09 05:00:00 2021/06/09 05:00:00 2021/06/09 05:00:00 GIに登録された「わかやま布引だいこん」=農林水産省提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210608-OYTNI50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)